現実にコンピュータの前に座り、リアルタイムで変化しているレートを見てしまうとどことなく売り買いをしたいという思いに駆られる方も少なくないと思います。鼻毛 ブラジリアンワックス

しかしながら、はっきりしない思いつきで注文するのは、間違ってもしてはいけません確かに、マーケットは四六時中いつでもいずれかの国でマーケットが動いているし、相場もいつでも動いています。薬剤師 悩み 職場

しかし、だからといって立て続けに売買を繰り返していると、それだけマイナスになる危険性が上がります。こちら

言うまでもなく、注文の回数を重ねることによって、じょじょに勝利する可能性が五分五分になっていくのは事実です。デリケートゾーン かゆみ ストレス

けれどもこの事は「はっきりしないアイデアで売り買い」することとは別の問題です。エグゼイド 動画 26話

取引回数を重ねる意味というのはあなたが「ここは勝てる」と思いついた機会を得た状況でのトレード回数を増やすという意味である。専業主婦におすすめ!静銀カードローンセリカなら夫に内緒で借入できる

理由がなく、休む間もなく売買をするのとは明確に異なります。エマルジョンリムーバー

為替相場の勝負にi挑むには意識してメリハリをつけることが肝心です。男 肌ケア

「ここで勝負」と思ったマーケットの時には迷うことなく所持ポジションを多くして思い切り儲けを狙います。

「難解なマーケットでどう上下するのか予想できないな」と思案した時は、観念してポジションを閉じて何もせず静観します。

それぐらいのメリハリがあったほうか最終的には注文はうまくいきます。

外国為替相場の名言には「休むも相場」というものがあります。

本当に言葉どおりです。

相場とは、休みなく売買ポジションを所有する事が肝心な事ではなく何も保有せず何もしないこともまた必要です。

では、どういう時に、休みどきなのでしょうか。

最初に言われるのが先述した通り、現在の市場が明確に良く見えない時です。

今からドル高になるのか、ドル安になるのかがわからないような時は、間違って判断すると、自分の思ったストーリーとは反対の方向に外国為替市場が向ってしまい損してしまいます。

そうした場面ではポジションを整理して、そのまま何もしないで黙ってみているだけがいいでしょう。

ふたつめは、あなた自身の体の具合があまりよくない時です。

健康状態と外国為替相場に関係しないと思う投資家もいるでしょうが現実には意外と関係あります。

体調が変な時は、外国為替市場のミスできないところで、必要な決断ができない。

気分が乗らない時は市場から離れてみるのも重要な事です。