ストレスを感じる時というのは誰にでもあるのですが、人によってストレスを特に感じやすい性格もあるのです。 まず、いつも自分に満足できない方は、自分が行った行動や発した言動にくよくよと悩んでしまいます。 このように常に余計な悩みを感じている場合、それがストレスになり、心身に影響を及ぼしてしまうのです。 逆に、自分自身に対しての自己評価が高すぎる方も、余計なストレスを感じやすくなってきます。 自己評価が高い方というのは、今の自分が置かれている現状に満足することができません。 もっとよい仕事につくことができると感じたり、条件の良い恋人を見つけられると考えてしまうのです。 この場合には、生活に常に不満を感じるようになってきますので、ストレスも感じやすくなってしまうのです。 自分自身に正しい評価を行うことで、自分に合った生活を送ることができます。 この点に気を付けることにより、余計なストレスを感じず、満足感や感謝を感じながら生活が送れるようになるのです。